3M™ スコッチティント™ ウィンドウフィルム 防犯シリーズ

「ガラス破り」は防犯フィルムで防ぐ

破られにくい強靱なフィルムでガラス窓をガード。

空き巣の侵入手段

住宅への侵入の手口で最も多いのが「ガラス破り」。道具を使ってクレッセント錠付近のガラスを割り、手を入れてクレッセント錠を回して侵入します。
「ガラス破り」による侵入被害は、被害を受けた戸建て住宅の約7割、3階建てまでの共同住宅・テラスハウスで約5割に達しています。
「侵入犯の多くは5分以内にガラスを破れないと侵入を諦める」といわれています※。
「3M™ スコッチティント™ ウインドウフィルム ULTRA S2200」と「SH15CLAR-A」は、破られにくい強靱なフィルムで、5分以上侵入を防ぐ防犯性能の高い建物部品です。 ガラスは割られても強靱なフィルムが侵入犯から窓をガードします。
※(財)都市防犯研究センター「防犯環境設計ハンドブック[住宅編](2005年)」による


防犯効果

窓割り侵入
ひび割れ耐久

■ ガラス破りの代表的な3つの手口を模した防犯性能試験をおこなって、破られにくさを検証しています。
■ [こじ破り][打ち破り][焼き破り]に対し、貫通に要する時間を長引かせることが可能です。

防犯性能試験結果 (防犯性能の高い建物部品目録掲載基準の防犯性能試験)
打ち破りについて8回以上、こじ破り及び焼き破りについて5分以上の抵抗性能を示した。
詳細は、(財)全国防犯協会連合会「防犯性能の高い建物部品目録」をご覧ください。

注意事項1

防犯性能の高い建物部品とは

警察庁、国土交通省、経済産業省および関係する民間団体で構成される「防犯性能の高い建物部品の開発・普及に関する官民合同会議」では、 防犯性能試験において5分以上侵入を防ぐことのできるものを、「防犯性能の高い建物部品」と定め、その目録を公表しています。
[防犯性能の高い建物部品目録]に掲載された部品には、「CPマーク」(Crime Prevention=防犯)を表示することができます。

施工後にCPマークを貼付できる付帯条件

1 ) ガラスの厚みが5mm以上(含、網入りガラス
2 ) 複層ガラスの場合、フィルムを貼付するガラスの厚みが5mm以上(含、網入りガラス)。
3 ) ガラスの露出部全面、もしくは呑込みを含むガラス全面に貼付。
4 ) クレセントがサブロック機構付き。
5 ) 補助錠の設置。
6 ) 建築フィルム1級・2級の資格者による施工。
※FIX窓はCPマーク貼付の対象外です。

お問い合わせ

こちらから見積、相談、質問など何でも受け付けております。お気軽に御問い合わせください。